• 製品構造の複雑化、バリエーションの増大等により、後工程における対策業務の負担が増大している
  • 設計・製造プロセスが分断、必要なデータが流通せず、的確な製造指示が行えないため、作業の標準化も進まない
  • 銅などの世界的な材料不足、価格上昇にも関わらず、ケーブルの標準化や共用が一向に進まない
  • 技術伝承は現場での1on1が主なため、現場の教育が追い付かない。本来の業務遂行にも支障が出ている
上記の課題が一つでも当てはまる方に
設計・製造プロセスを一体で
業務改革するためのポイント

本セミナーにてお伝えします
  • 組立作業は人員の変動が多いが、2Dの製造指示書では設計意図を理解できない
  • 作業手順書は手作り(写真撮影)が主で、設計へのフィードバックが出来ず標準化が進まない
  • 移動規制により設計者から伝達機会が減少し、製造立ち上げに時間を要する
  • 配策検討は現地現物が主となるため、若手へのカン・コツの伝承が困難

セミナープログラム

  • 13:00 13:03

    ご案内(司会)

  • 13:03 13:18
    第一講座:

    設計/製造の分断により生じる課題

    みらい株式会社
    統括ディレクター/COO
    北陸先端科学技術大学院大学
    非常勤講師
    日本MOT学会 理事 企画委員長
    野元 伸一郎氏
    株式会社図研
    取締役 オートモーティブ&
    マシナリー事業部長
    大澤 岳夫
  • 13:18 13:33
    第二講座:

    設計-製造部門の改革に乗り出した
    先進企業の活用事例の紹介

    みらい株式会社
    統括ディレクター/COO, 北陸先端科学技術大学院大学 非常勤講師,
    日本MOT学会 理事 企画委員長 野元 伸一郎氏
    株式会社図研
    取締役 オートモーティブ&マシナリー事業部長 大澤 岳夫
  • 13:33 13:38
    第三講座:

    今すぐ取り組んでいただきたいこと

    株式会社図研
    取締役 オートモーティブ&マシナリー事業部長 大澤 岳夫
  • 13:38 13:40

    終了時のご案内(司会)

開催概要

日 時 2022年2月10日(木) 13:00~13:40
形 式
Webセミナー
○ご自身のPCやスマートフォンで受講可能
○URLは開催一週間前および前日にメールでお知らせします。
○Vimeoライブイベントにて配信
※視聴ページのログインには、申込時に登録したメールアドレスの入力が必要となります。
参加費用 無 料(事前登録制)
締め切り 2022年2月9日(水)
主 催 株式会社図研
問合せ先 株式会社図研 オートモーティブ&マシナリー営業部
TEL: 045-942-2146
注意事項 このセミナーイベントは、製造業全般の経営幹部、設計部門、生産技術部門、製造部門、製造統括部門に所属される方と、上記企業に製品やサービスを提供している企業のマネジメント職位(課長職以上)の方が対象です。上記に該当しない方からのお申込みにつきましては、視聴をお断りすることもございますので、予めご了承下さい。